メニュー

0467-61-2415
職員・会員専用のSNSサイト

SNSサイトとは

SNSサイトとは

簡単に言うと「仲間内だけで見ることの出来るホームページ」です。ミクシーやフェイスブックなどが有名ですが、これらは「共通の趣味や属性を持っているが、まだ名前を知らない仲間と知り合い、楽しむ」ことを目的としたホームページといえます。

SNSサイトの特徴

インターネットを介し、フルオープンにするか、クローズド(限られた人間だけで見る)か、制作主体者が決めることが出来ます。また、CMS(コンテンツマネージドシステム)を採用すれば、仲間が皆、自分たちでページを更新し、内容を充実させていくことも出来ます。

医療機関でのSNSサイトの利用法

上記の特徴を医療機関に応用すると、ドクターなど専門職の方だけの「経験値の知性集結」サイトを作ることが可能です。専門的で、一般に流通していないリアルな生の情報を会員間で共有することが可能になります。

例)某医学会様

サイト名「症例検討、臨床現場の実際」

会員が臨床での実際の専門的でこまごまとした困ったことへのご質問をサイトに書きこむと、別の会員がご自身の経験などからその解決ノウハウを提示します。また別の会員が別の解決提案も行なえます。それらをすべての会員が見ることが出来ますので、一つの課題に対し会員間でネット上のリアルタイム議論が可能です。

  • 会員ドクターやコメディカルに限定して公開しアクセス可能にします。
  • 会員番号での入室とすることで、匿名ではありながら、誹謗中傷などのコメント提出者が万が一出た場合は管理者が調べることも可能です。
  • 会員限定であり情報が一般流することはなく、現場のホンネでの質疑応答が可能になります。
  • カテゴリーや分野、項目が時間経過と共に増えていくことになり、従来医療従事者の「匠の伝承」であったノウハウを会員間で蓄積していくことが可能になり、今後の「学会」会員増加のためのセールスポイントにすることも可能です。

その他、実際の制作と運用には情報保秘という観点から万が一の対策として多数のノウハウが必要になります。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。