メニュー

0467-61-2415
制作費無料の危険性

制作費無料・制作費激安の理由

個人クリニックのホームページで制作費は0円から100万円以上まで各社様々です。「無料」の場合知らぬ間に業者の別の顧客URLを埋め込まれるケースもあります。制作をアマチュア、バイト、外国人等の雇用で人件費を抑える会社もあります。人件費も出ない安いホームページは、医業継承、人材派遣、リフォームコンサルや医療機器販売等別の目的を持つこともあります。サイト上に料金が書いてない業者の場合、多くは言い値です。実績もあり、デザインセンスや機能性などもすぐれていることが多くありますが、それだけコストをかけますので高額になるのが一般的です。また最も多いのが、テンプレート化によって、先生方の原稿を流し込むだけで制作するホームページです。オリジナルデザインと言いつつ、わずかな違いだけでどこの医院も同じという形になり、格安になります。ファーロでは「患者様の使用好感度が高い」という実績によってレイアウトや、メニューなどが似てきますが、すべて取材を元にデザインを起こしております。

激安制作費の危険性

うかつに「無料」「激安」に手を出すと、知らぬ間に他の企業の広告塔にされていることがあります。「制作費無料」「管理費無料」「SEO対策無料」または「激安」などとして専門業者がサービスをしている場合、ホームページの見た目にはわからない部分に全く関係ないURLやキーワードが埋め込まれることがあります。(日本医師会会員HPガイドラインの「利益誘導型のリンク先への誘導は慎むべきである」という項目に知らずに抵触する可能性があります。)

検索エンジン対策において「多くのサイトからリンクを張られているサイトは良いサイト」とロボットが判断することを悪用し、専門業者が自社の「有料顧客」のSEO対策上「無料顧客」を集め、そこにリンクを張ることがあります。

ホームページ無料作成の流れ(例として)

  • 貴院がホームページを制作会社に激安または無料で作成依頼
  • 制作会社がたとえば健康食品メーカーを売り上げマージン制でSEO対策を請け負う
  • 制貴院ホームページに健康食品メーカーのURLを見えないところに埋め込む
  • 貴院の許可なく健康食品メーカーのサイトとリンクする
  • 健康食品メーカは多くの医療機関からリンクが張られ検索表示順位があがる
  • 健康食品メーカーの売り上げが上がれば上がるほど、制作会社の利益になる

「激安」「無料」には迂闊に手を出されないほうが賢明だと思われます。どんなものにも最低限適正な価格は存在します。検索エンジン会社は日進月歩で「機械をだますような手法」に対策を講じ、ペナルティとしてそのようなサイトの表示を拒否する仕組みを作っています。貴院が巻き添えでどのような被害を受けるかわかりません。

他にも多数の機械をだます手法、てっとり早く検索上位表示させる手法がありますが検索エンジン会社は数ヶ月おきにこれらの手法を排除していきます。安心して最後まで残るのは、「きちんと中身を作り、患者の役に立つ」サイトです。どのようなホームページにするのかという具体的な内容を公開せず、抽象的なキャッチコピーを並べて「まず無料登録」や「資料請求」ばかり求める制作会社はお勧めできません。

制作費相場

基本料金は格安で、オプションで膨らんでいく「積み上げ型」制作費は、考え抜いてから発注が必要です。先生方が「こんなことをしたい」と言えば必ず実行されるはずです。お金さえかければできないことはまずありません。予算はあっという間に膨らんでいきます。

総合的に考えるとクリニックのホームページとして必要十分なものにするには30万円位が相場ではないでしょうか。そこに、各種登録経費などが入りトータル40万円前後が妥当なラインと考えます。ディレクター兼コーダー兼デザイナーが一人で仕上げれば、格安に抑えられますが、マーケッターは入りません。当然一つ一つの業務の専門性と熟練度に欠け、マーケティング力に劣り、ホームページを育てることは難しいかもしれません。

当社ホームページ制作費は「激安」ではありませんが、患者ターゲティング、原稿作成、個々の医院に合わせたマーケティング、増患対策レイアウト、病院系検索エンジンの登録などを考えると「格安」だと自負します。取材、構成、デザイン、マーケティング、それぞれの専門家が顧客に対し責任を持って制作できるぎりぎりのコストだと考えています。