メニュー

0467-61-2415
応募者管理システム 「病院事務の時間コスト削減のために」

従来のホームページでの求人応募の方法

病院のホームページからインターネットを通じて、求人募集をかけることは既に多くの医療機関で行なっております。多くの場合、以下のような形式と思われます。

郵送の場合

履歴書の形になって担当者の手元に届きますが、応募する側は手間隙がかかり、他院でフォーム記入だけで求人応募が出来る場合、そちらの方に利便性を感じ、応募が流れてしまうことがあります。

メーラー立ちあげの場合

記載するべき内容が明確に統一されていないため、連絡を受けた後に再度応募用紙を送付したり、電話連絡などを行い2度手間3度手間になることが多く、事務担当者に負担を強いることになります。

フォームメールの場合

記載してもらいたい内容は統一されていますが、フォームメールを受け取る場合、担当者のメールアドレスに縦に記載された内容が並ぶだけの形で届きます。担当者はそれを紙の履歴書に書き写したり、一定書式にコピペしなくてはなりません。

応募者管理システムの導入によって

応募する側の人がすべき作業は変わりません。従来と同じようにフォームに記載し送信ボタン1回で病院側サーバーからオートメールが送られ、ご自身の応募が完了したことを自動的にお知らせいたします。しかし採用担当者の作業は非常に軽減されることになります。

採用担当者の作業軽減

採用担当者の作業軽減

自動的に応募者のデータベースが作成されるため、担当者はWEB上の管理画面で、どこの誰がどういう職種にいつ応募してきたのか、その人は採用されたのか不採用なのか、一括で管理可能になります。 さらに、送られてきた内容を面接官に渡す際、自動的に一般的な履歴書の書式または貴院の独自書式に変換してプリントアウトすることが可能になります。 データベース化されるため年度をまたいでの重複応募を防ぐことも可能になります。

応募者管理システム導入の効果

このシステムの導入により、応募数が劇的に増えた事例はありません。しかし、従来応募のなかった他府県からの応募、専門看護師の応募があり、採用に至った事例はございます。病院上層部もシステム導入にご満足頂いた実績がございます。また、採用事務担当者は履歴書への書き写しという作業がなくなっただけで大変多くの時間コストの削減につながったとお喜びいただいております。

応募者管理システム導入の時期

応募者管理システム導入の効果

病院のホームページリニューアル時にある程度の予算をお考えと思います。その予算の中にはイメージアップのためにフラッシュを入れたり、写真を多用したりすることで少々高額でもしょうがないとは思っていませんか?しかし病院のフラッシュなどほとんどのユーザーは意識的に見てはいません。そのような部分に使用される予算を実際の担当者の作業コスト軽減のためにご利用下さい。当社でリニューアル提案をさせていただくときには、ユーザビリティの向上と同時に担当者の手間隙の軽減もご提案させていただきますのでお気軽にご相談下さい。